お家でタイ食品!かんたん作り方で本場の風味

中華スープの素気のタイ献立。
トムヤムクン、ガパオ食べ物、グリーンカレーなどなど。
暑いタイならではのハーブや唐がらしを使った健康でシェイプアップにも
インパクトが切望出来そうな点も人気の物証のひとつなんでしょうね。
あんな注目のタイ献立、ご家庭ではどうも根源も揃わないので作るのは難しい。
でも、作ってみたいという方法に優秀で支払える食材で元祖にほど近い味わいを
実装できる(?!)ちょっとした知識をお知らせします。

今回は、人気急上昇のガパオライス。
タイ語では、パッガパオ。取り扱うお肉によって、鶏肉ならパッガパオガイ、
豚肉なら、パッガパオムーとなります。
目玉焼きをトッピングするなら、パッガパオガイ/ムー、カイダーオとなります。

ともかく、メインのガパオ(スイートバジル)がまずまずありませんね。
なので、ボクはシソの葉を使用します。
素晴らしい香りでガパオにも負けてませんよ。
数量は、ぞんざいだ(笑) 至ってかんたんなので正邪お試行下さい。

フライパンで、ニンニク(カサカサものでもOK)、生唐がらしまたは鷹の爪(おこのみで)炒める。
香りが出たら、鶏肉または豚肉をいれ炒める。(お肉はミンチまたは、小さめに下回る)
インゲン(1センチ状況に下回る)やお好みで人参(小さめのイチョウ切り)、ベイビー唐黍(輪切り)を
付け加え炒める。
中華スープの素を小さじ1状況、オイスターソースを大さじ2そば入れて炒め、水をチラチラくわえる。
シソの葉を加えてやめ。

あとは、ごはんの上に↑のガパオをかけて、目玉焼きをのせる。
生唐がらしとニンニクスライス、レモン汁をくわえたナンプラーをお好みで引っ掛けると
至って本場の味わい!
夏に向けてとにかく。http://www.craftsnob.co/