電子エリア動向タッパーって桁外れ。我が家の冷蔵庫経緯

年間ほど前から生業主夫となり台所に立つことが多くなりました。往年、バイトコックをやっていた体験が今になって役立っています。そこで食べ物。それまではパートナーに任せっきりだった一年中3食のうちの決して3分の2を請け負うようになりました。家計のなかでエンゲル係数がマキシマムおっきいのが食費だと何かで聞いた物覚えがあったので、頭に浮かんだのがタッパー。直ぐに、仕入れに出掛けたら女性の叡智とか着想ってむしろマズイだ。「女性の皆さんの所見に応えて開発しました」と、品の帯広報にあったので手にしてみたのが電子幅動向タッパー。今時はそんなものまであるのかとビックリしました。なんと。これならまとめての考察置きも望める。誠に冷凍保管までやれるといるではないか。試しに1個買いました。まとめて作った副食の残余をタッパーに入れて冷ましてから冷凍庫に保管、あすに電子幅で温めたら元通りに湯気がのぼりました。食べてみたところ、新規と余裕。これは気楽と買い足して赴き、タッパーサイズも大中小とカテゴリー豊富に揃えました。そして我が家の冷蔵庫の消息筋はもうタッパーだらけ。タッパーたちは電子幅から冷蔵庫へ、そして冷凍庫に入ったかと思いきやあすには天然解凍にあい、もっと電子幅へと来る…。ずいぶんの労役だ。こんなある日ふと思ったのが「大は小を兼ねる」は実績か否か。「大が小を兼ねても大だらけでは冷蔵庫に入らないではないか」。当たり前でした。http://www.ooooner.com/musee-yoyaku.html