8月21日の東京株式新興市場は買い持ち高減少の中、日本テレホンやメディアシークがストップ高

 8月21日大引けの東京株式新興市場は、日経JASDAQ平均が前日比18円86銭安の3671円08銭、JASDAQ-INDEXが前日比0.66ポイント安の159.91ポイント、東証マザーズ指数は前日比3.41ポイント安の948.52ポイントと、JASDAQとマザーズ両市場ともに続落して取引を終えました。

前日は日経QUICKニュースにおいて、物色の核となる銘柄が見当たらないこともあり、個人投資家の売買意欲が低かったという指摘がありましたが、本日も買い持ち高を減らす動きが続き、損失確定売りを出す個人投資家もいたとの指摘もあったようです。

 JASDAQ市場の主力株は、ハーモニック・ドライブ・システムズが反落し、日本マクドナルドが続落する一方、ナカニシやセリアが反発し、ユニバーサルエンターテインメントが上昇しました。また、ワークマンが前日と変わらない終値となりました。

JASDAQ上場株では、前日に東証より21日の取引において上値の制限値幅の拡大予告が行われた日本テレホンが、以前の中古スマホ回線自由化報道を材料に3営業日連続ストップ高で終えています。そろそろ利益確定が入るかと思われます。
また、四国地盤派遣会社のクリエアナブキやビルメンテナンスのハリマビステムがストップ高で引け、市進ホールディングスが一時ストップ高でとなりました。全取引所株式ランキング値上がり率1位となりました。一方で、アクシーズやベルグアース、安江工務店など72銘柄が年初来安値を更新し、ホロンが同ランキング値下がり率5位、アクモスが同13位となりました。

 マザーズ市場の主力株は、対前日比で、ミクシィが反発し、そーせいグループが続伸する一方、MTGが反落し、CYBERDYNE、サンバイオ、TKPが下落して終りました。

北大発創薬ベンチャーのジーンテクノサイエンスが同ランキング値下がり率1位、シェアリングテクノロジーが同ランキング値下がり率1位、UUUMは反落して同ランキング値下がり率7位となる一方、ストップ高で引けたメディアシークが同ランキング値上がり率6位、同じくストップ高950円で終えたインターネット成果報酬型広告サービスのレントラックスがランキング値上がり率6位となったほか、ダブルスタンダードが一時ストップ高となりました。脱毛ラボ 28箇所

ボーナス払いとは本当に難しいことではあります

ボーナス払いというのはボーナス時期に多く支払うというやり方になりますから、多くの人が住宅ローンやカードなどにおいてそういう支払い方をしているということになるわけですがこれは割とリスクがあったりするので注意しておきましょう。ボーナス払いというのはボーナスの時期に支払う、というそうした約束で契約することになりますから、ボーナスが出たら支払うというような意識を持ってる人がいるのですがそういうわけではなくその時期になったら確実に多く返済しなければならないということになります。要するに不景気などでボーナスが出なかった場合などにおいて、返済に物凄く困ることがあったりします。そういうことがありますのでさすがに住宅ローンを組む時にはかなりしっかりと準備しておかなければならないことになります。とにかくしっかりと住宅ローンなどというのは少しでも負担を避けるべきということにはなりますので早めに支払うのは良いのですが返済が滞るようなことはやめておいた方がいいでしょう。キレイモ 予約方法